HOME  Grand Touring Japan  アウトバックで行く日本の旅 MENU

SUBARU 新型レガシィ SIドライブ体感試乗会
 ◆ 栃木県 GKN試験場 2006年7月1日
ホームストレートに並んだGT
◆新型レガシィのSIドライブの体感試乗会に参加してきました。アンケートに答えて希望していたら、富士スピードウェイの方は落選しましたが、栃木県での方に見事当選。というかディーラーの方からぜひとお誘いを受けてしまいました。では、ということで初めてのサーキット走行もできるということで期待一杯胸に膨らませて行きました。

◆7月1日は早朝から雨模様、首都高を抜け東北縦貫にはいってしばらく行くと、雲が真っ黒になり集中豪雨に。これじゃあダメじゃんと思いながら運転していると、ようやく雨もやみ、現地到着の頃は曇り空。あとは路面が乾くのを待つのみ。期待大になりました。

◆受け付けの後は約1時間ほどスバルの方とモータージャーナリスト清水和夫さんのお話を聞いて、いよいよ走行体験に。私はAグループになったので、最初に高速走行、そしてハンドリング走行の順番です。用意されたのは、高速走行用にGTのワゴンとB4。ハンドリング用に3.0RのB4とアウトバック2.5i。高速走行はぜひ6気筒を乗りたかったなあ。

では当日の様子をご報告します。

 ◆ 会場は栃木県 GKN試験場
         栃木県のGKN試験場コース
到着した9時頃はまだ路面はウェット。雨雲が通って土砂降りだったようです。
           小〜中程度の広さ
        威勢のいい車が並びました
アウトバックは私とあと1台いました。メンバーではありませんでしたが、気合はいってました。(笑)
       東京 埼玉 栃木スバルの主催
        プレゼントされたネームプレート
午前の部 Aグループ ナンバー10番
          開会式・プレゼン会場
開会まで延々とDVDの上映。初代レガシィからの歴史。
           開発部の方からプレゼン
     モータージャーナリスト清水和夫さんのお話
          初体験となるバンクコーナー
本来は外側の黄色いラインを車の真ん中にして走るのだそうですが、実際に走ると怖くとできません。外側のタイヤを黄色いライン上がいとこです。
            ホームストレート
第1コーナー〜2コーナーのバンクは使用禁止なので、一番内側をゆんびり走るようです。
      Aグループは高速走行プログラムから
        テストドライバーのコース説明
なかなかイケメンのドライバー。もう一人いました。
              2人組で出発
スパルの人が同乗するのかと思ったら、参加者が2人組になって2周ずつを2回運転(ワゴンとB4)。私はAグループで品川ナンバーの方と同乗。先導は先ほどのテストドライバー、トランシーバー無線で指示をしながらの走行。車はすべてGT。
          まずはインテリジェントで
どんなに踏んでも5000回転手前でストップ。市街地走行には最適。反対側のストレートで80〜100キロでのスラロームをしてバンクコーナーに突入。
        バンクコーナーは最初恐い
このコーナーをまわるとS#に換えフルアクセル!
おーーーーーすげぇーー!
         160〜180qのストレート走行
わずか2〜3秒で100キロから180キロへ。普段出せない領域に入ってしまいました。参加者は安全のためにヘルメット着用。次のコーナー手前でフルブレーキで速度を50キロへ。このブレーキがよく効くし車体の安定性が抜群。さすがGT!ビーナスライン専用にGTもいいなあ(笑)
            カメラで追うのが大変
参加者はここぞとばかりアクセルオン。スチルカメラで追うのは大変でした。何枚撮影したことか、でもピンボケと枠はみ出しばかりでした。
        2周をワゴンとB4の2回体験
やっとバンクコーナーに慣れたところで終わり。あと一周あればバンクも120キロくらいで行けるのになあ。ちょっとこれは楽しいです。病みつきになりそう。年に何回か、お金払ってでもいいからこういう企画をスバルがやってくれるといいんですが。(JAFのように安全体験も含めて)

           ツーリングワゴンの後ろ
濃い車体にはこの横線はいい。
            アウトバックの横前顔
何度みてもヘッドランプの左側下のカーブが気に入らない。質問コーナーで行ったら、清水和夫さんが、『スバルにデザインを期待してもだめですから』とひとこと。みんななっとく。
       ジャーナリスト清水和夫さんの指導
会場周辺から抗議がくるので、なるべくタイヤは鳴かせないようにお願いします。(スバル)
       そして清水さん運転の車に同乗走行
参加者の走行は今度は一人1台。それをアウトバック2.5iとツーリングワゴン3.0Rで2回試乗。
全員が終わったらいよいよ清水和夫さん運転の車に3人が同乗してプロの運転技術の体験。
      シフトはセカンド、速度は40〜100キロ
            横Gの連続でした
でも、怖くない。そりゃあプロが運転してるんだから、事故はないだろうという安心が。そして、車の性能の良さよちにびっくり。グリップ力、車体の安定性、じわじわとくる沈み込みが非常にスムースでした。
      運転技術とタイヤ・車の性能で滑らない
アウトバックならリヤのタイヤが滑りまくりなんでしょうが、さすがにビル足とタイヤのいい3.0Rはどんな運転にもびくともしない。
   カーブの前でブレーキ、曲がり始めたらアクセル
終わったあとは、あのタイヤの焼けつく匂いがぷーーんと周囲をだだよう。このグリップ感はすごいですね。ジオランダーに乗っているのがばからしくなる。でも換えないですが(笑)
            
                               
ページトップに戻る
旅のレポート 日本百名道 とっておきスポット とっておき道路 スキー&スノー PHOTOGRAPH
大好きな志賀高原 大好きな乗鞍高原 世界の中心で愛をさけぶ 愛車アウトバック 更新履歴 掲示板

HOME  Grand Touring Japan  アウトバックで行く日本の旅  MENU
© 2006 kawara all rights reserved  since 2002.7.28